読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるふわで雑な日記

Microsoft系の技術情報を中心にゆるふわに綴っていく予定です

「JXUG #20 Xamarin ハンズオン大会 第二弾 名古屋支部 & 学生支部」の個人的な感想

jxug.connpass.com

JXUG主催のハンズオン大会でスタッフしてきました。
(内容はきっと誰かが書いているに違いない)
まあ、スタッフとは名ばかりの雑用担当とは俺の事でしたがwww
俺の仕事は、↓

の企画を進めるきっかけの煽りを主催者に入れたところで90%以上完了していた!
(当日の裏ミッションがなかったわけではない)
と言うわけで、次回以降もケーキ担当として参加する構え!
参加者の皆さま、
主催をされた #JXUG の皆さん(一応メンバー)、
昨日はお疲れさまでした。
楽しんでいただけていれば幸いです。

あ~そういえは集合写真撮らなかったのが心残りだな…
↓こいつも当日は色々(ある意味本人以上に)活躍しましたとさ。 f:id:KazukiK:20160327143722j:plain
ん?あ、あれ?これって感想なのかな?
まあ、細かいことは気にしないでいいか!

Fringeな奴等の話を聞いてきた!!

久しぶりに書いています。
ええ、まだ生きてますよ?
今日は、イベントに参加(Lead Only)してきました!

こいつ↓
dotnetfringe-japan.connpass.com

発表の詳細は、公開資料か、
いつまで見られるのかはわかりませんが、
ニコ生のタイムシフトを…
live.nicovideo.jp

個人的な感想を述べると、
とにかく濃い1日だった…
10;00~20;20まで(非人道的!)
ともすれば触れなくても良い世界…(楽しい)
正直(心地よく)疲れている!
スケジュールには検討の余地を感じるものの、
深い話が聞けるイベントもそんなに多くないし、
次回(あれば)もぜひ参加したい!
心からそう思える素敵なイベントだったなと

StartupWeekendOgaki03

swogaki.doorkeeper.jp
参加しました! 何しろ、予備知識を一切持たず、
何をすればよいのかわからない状態での参加です…
何故そんな奴が参加しているのか?
疑問に思いますか?
ん?興味ない?
ですよね~
でも話します。まあこれを見てくれ…
f:id:KazukiK:20160802000110p:plain という事があって、気づいたら参加することになった!
一先ずの感想としては「疲れた!」しかない!
自分はアイデアを出す側としては無能である。
ってことが再確認できた素敵な場だった。
こんなイベントだと俯瞰したくなって、チームの作業をしなくなる。
…クズい

そんな感じで結局チーム内でほとんど仕事をしないで、
歩き回る暴挙にでたという…
数合わせにしかなってない感満載だったな~
話がまとまりかけると文句を言う工作に興じていたし…

色々あったけど素敵な時間をありがとうと言うしかない!

第15回 まどべんよっかいちで、話してきた

話してきました↓

madoben.doorkeeper.jp

資料?ありません!

用意できなかったバカな発表者が居るらしい…

という事で、ホントはやりたかったネタ向けに用意し始めていた
EntityFrameworkCoreとASP.NetCore(WebAPI)なお話をその場のノリと
質問に答える語りで何とか時間を埋めてきました…
正直反省しかない…

反省しかないので、これ以上書けることもなかったり…

発表者の皆さん、資料は用意しましょう(当然)

今更だけど(おそらく最遅)福井県にドライヴしてきた話

タイトルのままです。以上終わり!
嘘です(笑)
7月16日(10日前!)の出来事で若干後ろめたくもありつつ、
何も書かないのも参加した意味がないかな?って思ったので簡単に感想でも
参考にURL貼っておきます。

fitea.doorkeeper.jp

ではではまず往路から…
混んでましたね(笑)
3連休の初日だったからでしょうか?北陸の方も混んでるわけないみたいな事仰っていましたが、
間違いなく混んでました…
しかも、普段運転しない方が多いのか、謎の運転マナーのようなものが蔓延る大変な移動でした(大袈裟)
さて、ここから本題!

  • 基調講演「 クラウド時代のエンジニアについて」 鈴木 雄介氏

    • とても興味深かった!だが、最終的な感想は、とても巧妙な自著の宣伝だった…
  • 「Windows開発者のための継続的デプロイ on AWS」 福井 厚氏

    • AWS使ったことない…ないけど、結構便利そう(SDKとか、VS拡張とかあるし)今度使ってみよう(小並
  • 「良い設計とアーキテクチャ」 小井土 亨氏

    • 課題のあれにカーナビで検索と書いたのが私です!以上!
  • 「Live Coding で学ぶ C# 7」 鈴木 孝明氏

    • 言語的な変化は感じました。だが、個人的に目新しさは感じられず…
      まあ、6で保留された機能の再実装だったり、他言語からの機能移植がメインな改善だから仕方ないかな? とは言え、新機能達は、使えば便利な子たちだと思うよ?あ、世界最速って書いとかなきゃ
      詳細はここに詳しく書いてあります。

      blog.xin9le.net

  • 「テスト駆動開発ライブ〜C#ペアプログラミング実況中継」 平鍋健児氏/小島 富治雄氏

    • 原理主義だ!TDD警察か?果たして現実はあの通りに行けるのか?(多分無理)
  • アーキテクト パネル「~アーキテクトが語るソフトウェア開発で大切なこと~」

    • 地方にいても情報に対するハンデはなくなってきた。だけど、地方には圧倒的に実践する場が足りない!

駆け足で振り返ってみた! あまり多くは語りませんが、とにかく最高にCoolな時間を過ごせた。
主催者の方々、発表者の方々には感謝の言葉しかありません。

de:code2016を振り返ってきたお話でもする?

タイトルの通りです。
名古屋でde:code2016を振り返るらしい↓

centerclr.doorkeeper.jp

ので、行ってきた!!
細かいことはあまり憶えていない!
気になる人は動画公開されてますよ?
だから、ここで変な(主観交じりの)感想書きなぐってもしょうがないし割愛…
一応現地も行ったし、MS系のセッションはそこそこ参加してるから当日は、
発表者に突っ込みを入れる係を自主的にやってました。

みんなあんなに話せるなんてすごい!
もっと勉強せねば!

NL名古屋の発表者にされたので、話してきました。

話を聞きに行こうと思って申し込んだ勉強会のはずだった。
いつの間にか発表者になっていた…
そんな感じのイベントが名古屋で開催されました。
と言うわけで、本意ではありませんでしたが、話してきました。
「資料作り」に対する疑問をちょっと聞いてもらうだけの、
雑なやつでしたが…
実際話した内容は、意図的に主観的なことを排除する方向でした。
個人的な思いを(あまり)入れなかったのは、
なるべく客観的な感想を頂きたかったから(かもしれない)
「こうしてほしい」とかそう言う思いもあったんですが…
とにもかくにも、詳細は資料を読んで、各自で判断してください。

doc.co